債務整理

債務整理

債務整理についての知識と情報のページです

債務整理のデメリット

債務整理のデメリットとしてもっともわかりやすいのが、あらゆるローン、クレジットが使えなくなることです。

ローンやクレジットは「信用」で成り立つものですから、債務整理をした時点でその信用を失うことになります。

しかし、債務整理をしなければならない状況というのは、すでにローンやクレジットを使っていては今後の生活が成り立たないことを意味しています。

逆にメリットとしては、月々の支払額が減り、督促もなくなり、借金が減るスピードが加速するの同時に、場合によっては払いすぎていた利息が返ってくることがあります。

つまり、ローンやクレジットを使わずとも、借金を返しながら普通の生活に戻れるというメリットのほうが圧倒的に多いということになります。

また、債務整理したことは誰にも(家族にさえ)知られることはありません。

債務整理後のクレジットカード

債務整理後はクレジットカードを使うことも持つこともできません。

ただし、すべての借金を完済した後、5年程度で登録されていた信用情報が消去され、またクレジットカードを持つことができます。

とはいえ、クレジットカードを使うには、相応の収入と計画的に使う強固な意志を待つ必要があります。

その基盤を作るための期間が、債務整理を行い、(利息のほとんどない)借金を返す期間となります。

ローンを使うのは、住宅ローンや車など、大きなものを買うときだけど考え、数年先を見据えて勇気を持って債務整理をすることも検討してみてください。




債務整理 トップへ戻る